【消毒用エタノールの作り方】無水エタノールと精製水で消毒液を作る方法

季節の薬

 

コロナウイルスの影響で、様々なウイルス対策商品(手ピカジェル消毒用エタノールなどの消毒液)が品薄状態となっています。

消毒用エタノールが品薄状態なことを逆手にとり、現在通販サイトでは普段の10倍ほどの価格で売られていたりもします。

 

そんななか、この記事では消毒用エタノール安く手に入れる方法を紹介します。

 

関連記事 次亜塩素酸ナトリウム作り方と注意点
関連記事 エタノールの代わりになるものでコロナウイルス対策!

 

こんな方にオススメの記事です☟
・消毒薬がどこも売り切れで買えない
・消毒用エタノールを安く手に入れたい
・手ピカジェルと同じ効果のある消毒薬が欲しい

 

スポンサーリンク

消毒用エタノール(消毒液)とは

消毒用エタノールは、皮膚や器具、物品の殺菌・消毒に用いられます。

インフルエンザウイルスにも効果のある消毒薬としても有名です。

 

有効成分であるエタノールが76.9~81.4vol%のものが、消毒用エタノールとして販売されています。

(※手ピカジェルに含まれるエタノールも76.9~81.4vol%です。)

 

エタノールの種類

エタノールには種類があり、以下のものがあげられます。

・無水エタノール:99.5vol%
・エタノール:95.1~96.9vol%
・消毒用エタノール(IP):76.9%~81.4vol%(+IP)

 

同じエタノールでもそれぞれ濃度が違うのにお気づきでしょうか?

 

ちなみに、濃度が高ければ高いほど効くというわけではありません

 

もっとも効果がある濃度とされているのが消毒用エタノールの76.9~81.4vol%です。

詳しくは花王の「アルコールと殺菌の話」をご参照ください。

 

また、エタノールにもいくつか種類があります。

一般的にお店でみられるのが「消毒用エタノール」「消毒用エタノールIP」「無水エタノール」です。

これらの種類の違いについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

 

 

それでは本題の消毒用エタノールの作り方を解説していきます。

 

消毒用エタノール(消毒液)の作り方とは?

消毒用エタノールを作る際に用意するものがあります。

 

用意するものですが、消毒用エタノールを作る方法があまり知られていないためか、数店舗巡ってみて在庫があるのを筆者は確認してます(2020年2月3日現在)。

 

また、店舗に在庫がなくても、今ならまだ通販でも安く手に入ります(2020年2月3日現在)。

消毒薬関連はどれも高騰してしまっていますが、たまにAmazonで定価で入荷するタイミングがあるので、こまめにチェックするのをおすすめします。

無水エタノールの方が、定価になることがわずかながらも多くみられます。

 

消毒用エタノールを作るのに用意するもの

消毒用エタノールを作るのに用意するものは以下の三点です。

・無水エタノール(もしくはエタノール)
・精製水
・空のスプレーボトル(100ml)

 

無水エタノール

 

エタノール

 

精製水

 

容器

 

消毒用エタノール(消毒液)の作り方

無水エタノール+精製水で作る方法と、エタノール+精製水で作る方法を解説します。

 

無水エタノール+精製水

無水エタノール+精製水で作る方を解説します。

 

1.容器に無水エタノール80ml注ぎます。
2.無水エタノールを注いだ容器に、精製水20ml注ぎます。
3.混ぜあわせます。

 

これで消毒用エタノールの完成です。

 

エタノール+精製水

次にエタノール+精製水で作る方法を解説します。

 

1.容器にエタノール85ml注ぎます。
2.エタノールを注いだ容器に、精製水15ml注ぎます。
3.混ぜあわせます。

 

これで消毒用エタノールの完成です。

 

 

ちなみに作成方法は、消毒用エタノールのメーカーである健栄製薬のよくある質問でも表記されています。

 

 

 

コロナウイルス騒動による不安が募り、消毒用エタノールを通常売価の10倍でも買ってしまう方もいらっしゃるかと思います。

この記事を読んでいただき、少しでも多くの方に消毒用エタノールを高騰した価格で買わないで済むことを祈ります

 

 

人体には使えないのですが、コロナウイルスに有効とされている消毒薬は他にもあります。

気になった方は以下の記事をご参照ください。

 

 

 

以上が消毒用エタノールの作り方についての記事でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

なにか気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

消毒薬関連の記事はコチラ☟

 

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました