【ゴキブリホイホイは捕まらないって本当?】夏に向けた正しいG対策

ゴキブリホイホイ季節の薬

 

いちるい
いちるい

こんにちは、薬剤師のいちるいです。

 

ゴキブリホイホイって意味あるの?

G対策はゴキブリホイホイ以外に何がある?

 

こんな悩みにお応えします。

 

スポンサーリンク

ゴキブリの種類

日本の屋内でよく見られるゴキブリはクロゴキブリヤマトゴキブリワモンゴキブチャバネゴキブリです。

 

不快になられる方もいるかと思い、本記事ではゴキブリの写真は載せていません。

 

ゴキブリの写真を確認したい方は、アース製薬さんのゴキブリを知るでご確認ください。

 

 

ゴキブリホイホイとは?

アース製薬より販売されているゴキブリ対策グッズです。

 

ゴキブリの好む香りを含んだ誘引剤により、罠へ引き寄せて捕獲します。

強力な粘着シートで、引っかかったらその場から動けなくします。

 

ゴキブリホイホイのメリット・デメリット

ゴキブリホイホイのメリットデメリットとして以下のようなことがあげられます。

 

メリット
・出ると予想ができるところにあらかじめ仕掛けて対策できる
・殺虫剤でゴキブリを殺した後のティッシュなどで拾って処分する気持ち悪さを回避できる(ゴキブリホイホイごと処分できるため)

 

デメリット
・粘着シートに埃がたまるなどして粘着力が弱まる可能性がある(約一ヵ月は効果が十分にあるとアース製薬も公表しているので、一ヵ月ほどしたら交換するのがいい)
ずっと使ってるとゴキブリが罠にかかりにくくなる

 

デメリットにある”ずっと使ってるとゴキブリが罠にかかりにくくなる“とはどういうことか解説していきます。

 

 

ゴキブリホイホイは捕まらない?

筆者はドラッグストア薬剤師として働いており、お客様より「ゴキブリホイホイに捕まらない」「ゴキブリホイホイって効くの?」などと、夏場はとくに聞かれることがあります。

 

その回答ともいえる研究報告を解説していきます。

 

粘着トラップを使った報告

結果から言うと、ゴキブリホイホイのような粘着トラップを連続・頻繁に使用したりすると,トラップ捕獲率が低下したとの報告でした。

 

実験内容は以下の通りです。

この実験では、チャバネゴキブリワモンゴキブリトビイロゴキブリといった種類のゴキブリが用いられました。

チャバネゴキブリは、雌雄での比較で♂>♀>老齢>若齢の順に捕獲率は高かった。

また、一週間にわたり捕獲をまぬがれたゴキブリと新しく放飼されたゴキブリでは、常に前者(一週間にわたり捕獲をまぬがれたゴキブリ)の捕獲率が低かったという結果が出ています。

 

 

この報告から、ゴキブリの姿が見え始めてから一週間ほど経過しても、罠(ごきぶりホイホイ)に引っかかってる様子が見られなかったら、別の方法で対策するのがいいのではないかと言えます。

 

ではゴキブリホイホイ以外の対策なら何があるかを解説していきます。

 

ゴキブリホイホイ以外の対策法は?

ゴキブリを見かける前に対策するゴキブリホイホイのようなものの代わりでいうと、以下のような毒餌剤殺虫スプレーがオススメです。

 

毒餌剤はゴキブリホイホイと同様に発生しそうなところや侵入経路に置いておける対策グッズです。

殺虫スプレーのなかには待ち伏せ効果と呼ばれるものがあり、玄関の入り口などゴキブリの侵入経路に吹きかけておくことで対策できるグッズです。

 

 

毒餌剤や殺虫スプレーは、今後もゴキブリを増やさないといった観点から選ぶことをおすすめします

 

なぜかというと、雌クロゴキブリ1匹は、生涯で約500匹産みます

そのため、その場限りの退治をしても、卵があったり他に潜んでたりしたらどんどん増殖していってしまうのです。

 

正しい対策をして、ゴキブリを出現させないようにすることが大切です。

以下の記事にゴキブリを増やさない&即死させる方法が書いてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

ゴキブリホイホイで捕まらない?のまとめ

研究によると、ゴキブリホイホイのような粘着シートは、1週間ほどで捕まりにくくなります。

 

そのため、仕掛けて置いてるにも関わらずゴキブリが動き回ってるのを見つけた場合、1週間観察してみましょう(観察せずに他の対策を変えるのもよし)。

 

1週間ほどしてゴキブリホイホイにひっかかってなかったら、対策を一旦変えてみることをおすすめします

 

ゴキブリホイホイ以外の対策法は、こちらの【ゴキブリを即死させる方法】をご参照ください。

 

今年こそはゴキブリを見ない夏にしましょう!

 

 

 

以上がゴキブリホイホイは捕まらない?についての記事でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

なにか気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

このブログで人気の記事はコチラ☟

 

よろしければTwitterのフォローよろしくお願いします!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました